LINE公式アカウント(旧 LINE@・ラインアット)で顧客管理をする

解説

コミュニケーション、ニュース、ゲーム、LIVE動画、キャッシュレスなど多くのことがLINEでできるようになりました。スマートフォンを利用している方のほとんどの端末にLINEが入っていると言っても過言ではないでしょう。

このLINEを顧客との接点として、しっかりと顧客管理に役立てたいものですね。
この投稿では、LINEを利用した顧客管理を行う方法を解説していきます。

そもそも顧客管理って?

業種業界によりやり方は様々ですが、顧客管理とはどのようなことを指すのでしょうか。

唐突ですが、みなさんは「大福帳」をご存知でしょうか。
江戸時代の商家で使われていた帳面です。売買の勘定を記す元帳(もとちょう)として、お客様別に取引の内容をすべて書き記していきました。
商家ではこの大福帳を大変大切に扱い、もし、火事になったときには商品よりも大福帳を持ち出して逃げるか、井戸に投げ込めと言われていました。

お客様とのやり取りが記録されているので、この帳面(名簿)がないと商売にならないと考えられていたのですね。

この大福帳が顧客管理の原点でもあると思いますが、「お客様といつ・どのようなやり取りをしたか」ということを管理することで、店舗などの経営に生かす取り組みです。

売買など金銭的なやり取りも必要な情報ですが、そもそもそのお客様の基本的な情報(氏名・住所・年齢・性別・電話番号など)も重要な情報ですね。

また、金銭以外のやり取り情報として、来店されたときの会話や近況、好み、案内した商品の反応なども大事なお客様の情報です。

このような情報を知ってくれているお店であればあるほど、お客様も身近に感じてくれることでしょう。

大福帳

LINE公式アカウントで管理できる顧客情報

店舗や法人用のアカウントであるLINE公式アカウント(旧 LINE@・ラインアット)では、顧客情報の根幹として、連絡先名簿を作っていくことができます。
但し、友だちに追加されるだけでは、表示名などはわからないため、完璧な顧客管理とまではいきませんが、「まずは名簿を作成して、メッセージを送る」といった運用が可能になります。

また、LINE公式アカウント(LINE@・ラインアット)には、1:1トークという機能がついています。この機能で「表示名」をお客様名に変更して登録しておくことや、個人とのトークの履歴を残しておくことができます。

顧客管理用の機能ではないため、検索機能などは簡易的なものではありますが、第一段階の顧客管理としては実施しやすいです。

リピート状況を見える化する

顧客管理の目的のひとつには、何度もリピートしてお客様に来て欲しいということがあります。そのために、ポイントを付けることやクーポンを配信したり、ダイレクトメールなどを発送することが行われてきました。

LINE公式アカウントでは、ショップカードという機能でポイントを発行することができます。このポイント発行状況は統計管理という機能で分析できるので、自店の顧客がリピートしているのかを把握することができます。
また、ショップカードがにポイントすべて貯まった場合は、次のカードへランクアップさせることもできます。ランクアップしたカードでは貯めることによって得られる特典を通常よりもよくすることなどによって、ポイントを貯め続けるインセンティブとすることができます。

LINE公式アカウントとデータベースを繋ぐ

LINE公式アカウントにはAPIという窓口を設けてあるため、この窓口を利用することで友だちの情報をデータベースと紐づけて管理することができます。例えば、この友だちは区分Aとして管理しようとか、セミナーから登録してもらったお客様だといったより充実した管理ができるようになります。

なお、LINE@からLINE公式アカウントへ統合となり、どのプランでもAPIが使えるようになりました!

 APIって何?
アプリケーションプログラミングインタフェースとは、広義の意味ではソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である(ウィキペディアより)

API

ちょっと難しいですが、要するにAPIというのを使うと、外部のデータベースとLINEを繋げて管理することができるのです!

自社独自の考えで、データベースを作っていくことで、大事なお客様の情報をしっかりと蓄積していけます。どのような顧客管理ができるかは、ただいま公開準備中です。

少しは早く教えて欲しいという方は、問合せフォームにてお問合せください。
「APIを使って顧客管理したい」と記載してもらえればご連絡いたします。

LINE連携システム「+DIRECT」

+DIRECT_logo

自社独自のデータベースで顧客情報を管理することもできますが、LINE@とつないでアンケートフォームを用意して友だち情報を整備していくこともできます。
当社で販売している「+DIRECT(プラスダイレクト)」のページで詳しく紹介していますので、併せてこちらもご覧ください。