北海道デジタル・アンド・コンサルティング株式会社

LINE連携システム EDWARD 各オプション バージョンアップ 202109

下記の内容をバージョンアップし運用開始しております。

※オプション機能の追加が必要となります。

1.登録経路別QR

1.登録経路別QR

LINE公式アカウントでは、「友だちを増やす(旧:友だち追加)」専用のQRコードを読み取ってもらうことで友だち追加することができます。

その場合専用のQRコードは1つになりますが、当システムでは登録経路別に独自のQRコードを設定することができます。

登録経路別QRコードを、店舗ごとやスタッフ、SNSなど個別に設定できるため友だち登録した方がどこで登録したのかといったことを個別に知ることができます。

登録経路別に、友だち登録のあいさつメッセージやリッチメニューなどを設定することもできます。

今回のバージョンアップではさらに設定可能項目が追加されました。

<登録経路別QRコードで設定可能項目>

              ・メッセージ

              ・クーポン ※クーポンオプション利用時

              ・リッチメニュー

              ・友だち区分

              ・地域区分

              ・利用店舗

              ・自由項目1~3

              ・メイン担当者

              ・タグ ※タグ&メモオプション利用時

QRコードを再読み込みした際にも、地域区分などが変更することができるようになりました。

利用店舗やチェックボックス型の自由項目は、チェックが追加されます。
既にチェックされていた店舗等のチェックは残ります。

メッセージ、クーポン送信は、ブロックしていない場合のみ送信されます。
ブロック解除時は、再度読み込んでいただくと、メッセージなどが送信されます。

友だち区分やタグも付けられるように追加しました。

2.クーポン

2.クーポン

友だち追加時クーポン配信が可能になりました。

お友だち「あいさつメッセージ」と一緒にクーポンを配信することができます。

クーポンはこれまで通り、期限・使用状況を個人別に管理することができます。未使用の方、使用済みの方にメッセージを配信することができます。

また、期限を設定しておきますと自動的に期限切れ〇日前を告知することもできます。

3.フォーム

3.フォーム

フォームの結果一覧から、友だち詳細情報にリンクできます。

お友だちNOからお友だち詳細情報画面を参照することができます。

個別トークなどスムーズに対応することができるようになりました。

4.アンケート

4.アンケート

アンケート終了時に診断プログラムを起動できるようになりました。

診断プログラムでは、アンケートで取得した複数の質問結果に対応した診断結果を配信することができます。

アンケートにて設定した質問への回答によって、設定した各回答内容(テーブル)に基づいて特定のメッセージを返信することができます。また、診断結果は自由項目1~3のいずれかに記録することができます。

5.スマレジセグメント

5.スマレジセグメント

スマレジセグメントのオプションを追加しました。

スマレジの取引情報に基づいて、セグメントしたメッセージを送信できます。

※スマレジセグメントアプリ利用料金が必要となります。

6.チャットボット

6.チャットボット

各メッセージに送信者アイコンを設定することができるようになりました。

通常のアカウントアイコン以外でトークを送信することができます。

送信者アイコンの設定は、チャットボットオプションを利用している場合に設定することができます。

7.タグ

7.タグ

チャットコマースでの購入時に、商品別にタグを2つずつ設定できるようになりました。

タグで管理し、セグメント(絞り込み)配信をすることができるようになりました。

チャットコマースオプション利用している場合に設定することができます。

さらに詳しい機能をご紹介

さらに詳しい機能をご紹介