北海道デジタル・アンド・コンサルティング株式会社

LINE連携システム EDWARD バージョンアップ 202104

下記の内容をバージョンアップし運用開始しております。

1.登録別QRコード

1.登録別QRコード

LINE公式アカウント1つでも、店舗別にリッチメニューや登録管理が可能に

LINE公式アカウントでは、「友だちを増やす(旧:友だち追加)」QRコードを読み取ってもらうことで友だち追加することができます。その場合QRコードは1つになりますが、当システムでは登録経路別に独自のQRコードを設定する機能を追加しました。

登録経路別QRコードを、店舗ごとやスタッフ、SNSなど個別に設定できるため友だち登録した方がどこで登録したのかといったことを個別に知ることができます。

登録経路別に、友だち登録のあいさつメッセージやリッチメニューなどを設定することもできます。

※オプション機能の追加が必要となります。

2.リンクチェック機能(LIFF版)

2.リンクチェック機能   (LIFF版)

リッチメッセージやリッチメニューなどに利用するURIのリンクした回数をチェックする機能を追加しました。

LINEの認証を許可している場合、どの友だちがリンクをタップしたかを計測します。また、初回のリンクか、再訪問のリンクかも把握することができます。

※オプション機能の追加が必要となります。

3.フォーム入力後に   自動でポイント発行

3.フォーム入力後に自動でポイント発行

フォーム登録時に、自動でポイントを発行する機能を追加しました。

※スマレジ連携 ベースプランもしくはフォームオプション以上

フォームに入力いただいたお友だちにポイントを自動で付与することができます。

但し、弊社オプション設定にて、「ポイント期限」を6カ月、1年、2年に設定している場合のみ運用できます。

スマレジでは1ヶ月単位で設定できますが、当連携を行う場合は、当社のポイント期限に準じた運用となります。

4.会員カード画面にて   会員NOの表示内容   ラベル変更

4.会員カード画面における             会員NOの表示内容、ラベル変更

会員番号のみやバーコードと会員番号など、表示の仕方を選択する機能を追加しました。

5.ポイント処理一覧実装

5.ポイント処理一覧実装

特定の月を指定して日別の処理結果や残数を表示することができる機能を追加しました。

6.フォームから        リッチメニュー変更で   デフォルトに戻す処理

6.フォームからリッチメニュー変更で   デフォルトに戻す処理

フォーム送信後に実行する処理機能を追加しました。

フォーム送信後、デフォルトのリッチメニューの変更をしたい場合は設定することができます。

7.スマレジ連携にて既存会員連携する処理   リッチメニューとランク変更を実装

7.スマレジ連携にて既存会員連携する処理     リッチメニューとランク変更を実装

連携後のリッチメニュー変更や、自動ポイント付与、ランク変更なども設定する機能を追加しました。

8.スマレジ連携の既存連携フォームで、   自動ポイント付与処理

8.スマレジ連携の既存連携フォームで、   自動ポイント付与処理

フォーム送信後に自動でポイントを発行する機能を追加しました。

さらに詳しい機能をご紹介

さらに詳しい機能をご紹介