LINE@に連携するシステム「+DIRECT」を利用することにより、友だちが答えたアンケートに基づいたセグメント配信やクーポンの使用状況に応じたきめ細かなメッセージ配信が可能になります。LINE@を自社アプリのように使用することができ、LINE@を活用することでスピーディに、かつ、低コストでデジタルツールを活用したマーケティングを開始することができます。
また、「+DIRECT」のAPIを活用すると顧客管理システムから抽出したお客様に対してLINEのメッセージを配信できます。
これらの機能は、LINE株式会社から提供されているMessagingAPIを利用しており、「+DIRECT」を利用することで複雑なシステム開発やエディター作成を行わずに、MessagingAPIを利用した配信を実現できます。

+DIRECTはLINE@正規代理店 (株)クラブネッツが提供するサービスです。当社は、LINE@正規代理店 株式会社クラブネッツのパートナー企業です。
LINEおよびLINE@は、LINE株式会社のサービスです。

+DIRECTはLINE@正規代理店 (株)クラブネッツが提供するサービスです。
当社は、LINE@正規代理店 株式会社クラブネッツのパートナー企業です。
 LINEおよびLINE@は、LINE株式会社のサービスです。

LINE@に連携するシステム「+DIRECT」を利用することにより、友だちが答えたアンケートに基づいたセグメント配信やクーポンの使用状況に応じたきめ細かなメッセージ配信が可能になります。LINE@を自社アプリのように使用することができ、LINE@を活用することでスピーディに、かつ、低コストでデジタルツールを活用したマーケティングを開始することができます。
また、「+DIRECT」のAPIを活用すると顧客管理システムから抽出したお客様に対してLINEのメッセージを配信できます。これらの機能は、LINE株式会社から提供されているMessagingAPIを利用しており、「+DIRECT」を利用することで複雑なシステム開発やエディター作成を行わずに、MessagingAPIを利用した配信を実現できます。

LINE@の既存機能では「クーポンを使用した人を特定して次のクーポンを出す」といった個別の状況に応じた配信を行うことはできません。「+DIRECT」ではクーポンの使用状況や開封状況をクーポン別・個人別に把握することができます。
クーポンを使用した人には、さらに頻度を高めて別のクーポンを送ることもできることから、お得意様育成を効果的に実現できます。
また、下記のようなアンケートを取得することでさらに個別の属性に応じたセグメント配信を行えます。

アンケートの項目は自由に変更することができ、取得したアンケートに基づいて配信先を絞り込んだメッセージを配信できます。
友だちの関心のある分野を把握してメッセージを配信することで、役に立ち関心度の高いメッセージを配信できます。自社アプリやLINEを利用してデジタルマーケティングを展開する企業が増えているため、友だちの関心に沿わない分野に対してメッセージを配信する企業は「アプリ削除やブロック対象」となってしまいます。「+DIRECT」を利用することでLINE@のブロック対象となることを防ぐことができます。

POSデータなどに基づく会員DBと関心事などを把握するL「+DIRECT」のデータベースを連携することで、友だちの情報をより深く・広く知ることができます。LINE@は、LINEアプリを活用することで、自社アプリよりも簡単に友だちを集めることができますが、会員情報として情報が少ないため不十分であるともいえます。「+DIRECT」と自社の会員DBを連携登録することで強固な顧客管理システムとして活用できます。

顧客管理システムの会員DBから抽出した情報に基づいて、例えば「キャンペーン期間中に来店してくれたお客様」に対してメッセージを配信することや「特定の商品をお買い上げいただいたお客様」に対してメッセージを配信することも可能になります。
また、休眠客や低単価客などに対するメッセージ配信を行えるため、今までよりも機動的にきめ細かなマーケティングを展開できます。

キャッシュレス化が進行していく中で、「できるだけ財布中身は少なくしたい」と考える方が増えています。LINE@と連携する「+DIRECT」と会員DBを連携することで、スマートフォンのLINEアプリで会員証を表示させることができます。
よりスマートに、次世代に対応した会員管理をお客様に提供することで競合企業に差を付けましょう。

資料請求・お問合せ

お手数ですがこちらのフォームに入力をお願いします。